風で飛んでいくチラ裏

気ままに雑記メモ書き殴り。古い記事は別blogからの引っ越しなのでレイアウトがアレです。

Logicool Setpoint 6.50以上でThunderbirdのスクロールがおかしい(未完)

他のソフトだと3回スクロールするくらいのホイールの回し量でThunderbirdだと1回スクロールする。
つまりThunderbirdだけホイールを3倍スクロールさせないと同じスクロール量にならないという現象に見舞われた。

色々探ってみると、Logicoolマウスのユーティリティである、SetpointのVer.6.50以上でどうも問題があるようで。

Setpointをアンインストールするか、Ver.6.32あたりにすると具合が良くなるということなので、インストールしてみた。

が、今使っているマウスM545の設定項目がVer.6.32には無い。どうもSetpoint Ver.6.5X代で発売されたマウスのようで、
Ver.6.3X代だとM545向けの設定ができない。


\(^o^)/


サイドスイッチもそんなにバリバリ使ってる感じでもないので潔くSetpointとはおさらばしてやりましたとさ。
Setpoint Ver.6.6Xでも直ってなかったようなので、しばらくダメなんじゃなかろうか(未完)。


いやぁ、前世代のM310がすこぶる使い勝手が良かったから今回はM545にしてみたけど、このマウスは個人的にはダメでした。

  • 親指と薬指、小指の当たる側面に材質の違うラインが入っていて触り心地が均一じゃない
  • ソールの滑りが悪いのか、M310と比べて重いのか、微妙なカーソル移動がM310と比較してとてもやりづらい、滑らない
    • 伝家の宝刀カグスベールに張り替えてやっとなんとか使えるレベル
  • おまけにカーソルをちょっとだけ移動しようと低速で動かすとカーソルが移動しない
    • M310の時には感じなかったので、単純にM545の性能が悪いのか、マウスパッドとの相性が悪いのか...
(function(document){ var pres = document.getElementsByTagName("pre") for(var i=pres.length; i--; ){  var el = makeOl(pres[i]) pres[i].appendChild(el) } function makeOl(pre){ var ol = document.createElement("ol") , li = document.createElement("li") , df = document.createDocumentFragment() , br = pre.innerHTML.match(/\n/g) ol.className = "preLine" ol.setAttribute("role", "presentation") for(var i=br.length; i--; ){ var li2 = li.cloneNode(true) df.appendChild(li2) } ol.appendChild(df) return ol } })(document)